インターバルの覚え方_2


インターバルの覚え方_2


4th5thのインターバルを説明したいと思います。

4th5thのインターバルは前回までの2nd3rd6th7thとは少し考え方が違います。

4th5thはメジャーマイナーという考え方ではなく、

Perfect(パーフェクト)augmented(オーグメント)diminished(ディミニッシュ)

という考え方になります。

覚え方は、「ド」から「ソ」の場合説明すると、

ここは前回と同じように、まず基準の音(下音)から上の音までいくつ上がっているかを計算します。

「ド」を1と数えて「ソ」までは、ド123ファ455つ上がりますので、

インターバルの幅は5thとなります。

次に、基準の音(下音)から上の音までに半音階がひとつ入っていればPerfect(パーフェクト)、

半音階がなければaugmented(オーグメント)半音階が2つあればdiminished(ディミニッシュ)となります。

「ド」から「レ」は1音、

「レ」から「ミ」は1音、

「ミ」から「ファ」は半音、ここでひとつ入ってきました、

「ファ」から「ソ」は1音、

「ド」から「ソ」までは、半音階がひとつ入ってきましたので、

インターバルはパーフェクト5thとなります。

 

では「ソ」が「♭」した場合を見てみましょう。

「ド」を1と数えて「ソ」までは、ド123ファ4)♭55つ上がりますので、

インターバルの幅は5thとなります。

「ド」から「レ」は1音、

「レ」から「ミ」は1音、

「ミ」から「ファ」は半音、ここでひとつ入ってきました、

「ファ」から「ソ」は音、ここでひとつ入ってきました、

「ド」から「ソ」までは、半音階がふたつ入ってきましたので、

インターバルdim5thとなります。

では「ソ」が「♯」した場合を見てみましょう。

「ド」を1と数えて「ソ」までは、ド12・(3ファ4)♯55つ上がりますので、

インターバルの幅は5thとなります。

 

「ド」から「レ」は1音、

「レ」から「ミ」は1音、

「ミ」から「ファ」は半音、ここでひとつ入ってきました、

「ファ」から「ソ」は1音半上がっています、

この一音半がポイントとなるのですが、

半音階がなければaugmented(オーグメント)と言いました、

ここの考え方は、「ミ」から「ファ」の半音階と半音上がった「♯ソ」の半音、

この半音と半音 を足すことで1音(半音+半音=1音)と考えることができるため、

「半音階がない」と考えaugmented(オーグメント)となり、

「ド」から「ソ」までは、

インターバルaug5thとなります。

「ド」から「ファ」の4thのインターバルもドレミファと4つ上がるだけで考え方は同じです。

これで一通りのインターバルの説明は終わりです。

次回は、これまでの説明を参考にいくつか違った例をあげてインターバルを考えてみたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る