インターバル


インターバル


本日は、インターバルについて詳しく説明していきたいと思います。

インターバルとは2つの音と音の幅のことをいいます。

下の図を見ると分かりやすいと思います。

楽譜の上に記載しているのがインターバルの読み方です、

音符の下に記載しているのが書き方(表示)です。

 

Unison(ユニゾン) 

     

minor second     Major second

   マイナーセカンド           メジャーセカンド

 

minor third          Major third

   マイナーサード          メジャーサード

 

Perfect fourth              Augmented fourth (別名:tritone)

パーフェクトフォース      オーグメントフォース

aug4 / ♯4 は別名tritone(トライトーン)ともいいます。

このトライトーンは代理コードsubⅤにとても関係してくるので覚えておいた方がいいと思います。

この代理コードに関しても理論の話が進み次第説明していきたいと思います。

 

Perfect fifth                diminished fifth             augmented fifth

パーフェクトフィフス    ディミニッシュフィフス      オーグメントフィフス

 

minor sixth          Major sixth

   マイナーシックス            メジャーシックス

 

diminished seventh   minor seventh   Major seventh

ディミニッシュセブン                  マイナーセブン               メジャーセブン

 

Octave

オクターブ

1オクターブの表記には8va8vbがあり

8vaとは1オクターブ上を表し、8vbとは1オクターブ下を表します、

これも覚えておくと便利利だと思います。

次回はインターバルの覚え方について詳しく説明していきたいと思います。

 

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る