ペンタトニックスケール


ペンタトニックスケール


今回はペンタトニックスケールという音階について説明したいと思います。

まず言葉の意味から説明しましょう!

「ペンタ」という言葉は英語で「penta」となり、数字の5を意味しています。例えばアメリカ合衆国の国防総省の建物の形は5角形で、その形から「ペンタゴン」と名づけられていたりもします。

つぎにトニックは基準となる音ですね。

そしてスケールとは音階なので、ペンタトニックスケールは基準の音から5音階で構成された音階ということになります。

 

もちろんペンタトニックスケールにもメジャーとマイナーがあります。

マイナーペンタトニックスケールは「1、♭3、4、5、♭7」

メジャーペンタトニックスケールは「1、2、3、5、6」

これらのペンタトニックスケールは5つの音階しか使用しないのでとても扱いやすいスケールでもあります。

楽器を始めて間もない方などに「アドリブやソロを演奏しよう!」というような教本の最初には必ずこのペンタトニックスケールが説明されているくらいです。

使い方はメジャースケールの変わりにメジャーペンタを、マイナースケールの変わりにマイナーペンタを、という感じで使用するだけでRockPopsなんかにはとてもハマリます。

ペンタトニックスケールを使った作曲方法やフレーズの考え方なども「作曲 / 編曲」の方で後々お話をしたいと思います。

ではでは、本日はこの辺で・・・。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る