COMPOUND INTERVALS


COMPOUND INTERVALS


今日はコードのテンションについて説明したいと思います。

まず、テンションとはなにかってことですよね。

テンションとは7thより上に積まれる音のことをいいます。

例えば、Key=CC△7なら「1,3,5,7(ドミソティ)です、この「7」の「ティ」より上に音を積んでいくと、「1,3,5,7,9,11,13(ドミソティレファラ)と積まれていきます。

 

この「9,11,13(レファラ)をテンションと考える訳です。

ここまで積むと7音階全ての音を使っている状態になります、「13」の「ラ」から上はオクターブ違いの同じ音なのでテンションは「13」までとなります。

 

では、テンションにはどんな種類があるのでしょうか?まずは以下を見てください。

1st = Root

3rd の種類=3, ♭3

5th の種類=5, ♭5, ♯5

7th の種類=7, ♭7, ♭♭7

9th の種類=9,♭9,♯9

11th の種類=11,♯11,

13th の種類=13,♭13,

これはコードで使われる各ポジションの音の種類です。

例えば「3rd の種類」で「3, ♭3,」が書かれているのは、メジャーコードのときは「3」を使い、マイナーコードのときは「♭3」を使います。というような意味となります。

では、テンションの付いたコードの読み方を説明したいと思います。

9thで説明していきます。

C△91,3,5,7,9

C」はメジャー(3)を表し、「△」はメジャー7を、そこにナチュラルの9thを加えたコードという意味。

ちなみに9thの音の箇所まで積みなさいということで、C△11なら1,3,5,7,9,11となり、C△131,3,5,7,9,11,13となります。

 

Cm91,♭3,5,♭7,9

Cm」はマイナー(♭3)を表し、「△」が無いということはマイナー7を、そこにナチュラルの9thを加えたコードという意味。

先ほどと同じく9thの音の箇所まで積みなさいということで、Cm131,♭3,5,♭7,9,11,13となります。

 

C91,3,5,♭7,9

C」はメジャー(3)を表し、「△」が無いということはマイナー7を、そこにナチュラルの9thを加えたコードという意味。

これも9thの音の箇所まで積みなさいということで、C131,3,5,♭7,9,11,13となります。

 

C7(13)1,3,5,7,13

コードの右上などに小さくテンションが書かれている場合は、1,3,5,♭713を加えなさいという意味。

C△7(♯11)1,3,5,7に♯11を加え1,3,5,7,♯11となる。

C6(9)なども同じ考え方で1,3,5,6C69を加えるという意味。

 

Cadd91,3,5,9

C」はメジャーを表し、「add」は「加える」という意味なので「C」のコードに「9を加える」という意味。

Cadd11も同じ考え方で1,3,5,11となります。

 

 

付け加えておくと「Cadd13」は存在しません「13」と「6」は同じなので「C6」と表記します。

この理論のことをCOMPOUND INTERVALS (コンパウンド インターバル)といいます。

英語で書くとなんだか難しそうですが、COMPOUNDとは日本語で「混ぜ合わせる」という意味です。INTERVALはみなさんもご存知の「音の幅」です。COMPOUND INTERVALとはテンションの音(音の幅)を混ぜ合わせた時の考え方といってもいいかもしれませんね。

もちろん上記で説明したコードにもインバージョンはあります、より複雑になってきますが・・・。

それと最後に話しておきたいことがひとつあります。例えば、ピアノを弾いているとしましょう、その演奏している楽譜にC△13と書かれていた場合、「1,3,5,7,9,11,13」の全ての音を弾かなければならないと思ってしまいそうですが実はそうではないのです。

この内容については「ヴォイシング」という理論で説明したいと思います。

Voicing

それでは今日はこの辺で・・・。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る