Drop2+4 Invertion


Drop2+4 Invertion


今日は「Drop2+4(ドロップ・ツー・プラス・フォー)インバージョンを説明したいと思います。

考え方は「Drop2」「Drop3」と同じ考え方になりますので、応用といったところです。

今回は「Drop2+4」なので、上から2番目と4番目の音を1オクターブ落とします。

ではまず、「C△7 root position」から

C△7 root position」の上から2番目と4番目の音を1オクターブ落とします。コードネームは「Drop2」「Drop3」同様、一番下に「Root」の音がきているので「root position」となり、

コードネームはC△7 Drop2+4 root positionとなります。

 

次は、「C△7 1st invertion」です。

C△7 1st invertion」の上から2番目と4番目の音を1オクターブ落とします。一番下に「ミ」の音がきているので「1st invertion」となり、

コードネームはC△7 Drop2+4 1st invertionとなります。

 

次は、「C△7 2nd invertion」です。

C△7 2nd invertion」の上から2番目と4番目の音を1オクターブ落とします。一番下に「ソ」の音がきているので「2nd invertion」となり、

コードネームはC△7 Drop2+4 2nd invertionとなります。

 

次は、「C△7 3rd invertion」です。

C△7 3rd invertion」の上から2番目と4番目の音を1オクターブ落とします。一番下に「シ」の音がきているので「3rd invertion」となり、

コードネームはC△7 Drop2+4 3rd invertionとなります。

 

Drop2」や「Drop3」よりも大きなオープンヴォイシングとなっていますので、音の広がりが欲しい時には「Drop2+4」などを使ってみてはいかがでしょうか。

これで「Drop」系のインバージョンは終了です。

3種類のインバージョンを状況に応じて使ってみてください。

ではでは、今日はこの辺で・・・・。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る