Drop3 Invertion


Drop3 Invertion


前回は、「Drop2(ドロップツー)というインバージョンの説明しましたので、今回はその続き、「Drop3(ドロップスリー)インバージョンを説明したいと思います。

ではまず前回の復習から、「Drop」とは「落とす」という意味でした、次に数字はコードの上から1オクターブ落とす音を指します。ですので、「Drop2」の場合は「コードの上から2つ目の音を1オクターブ落とす」という意味でしたね。

では今回は「Drop3(ドロップスリー)です。考え方は「Drop2」とまったく同じで、「Drop3」では上から3つ目の音を1オクターブ落とします。

では楽譜を見てください。

左の楽譜は「C△73rd invertionです。この状態から、上から3つ目のドの音(ルート音)を1オクターブ下にドロップ(落とす)したコードがDrop3インバージョンといいます

C△7Rootの音が一番下に来ているのでDrop3 Root PositionといいDrop2」同様、その前にコードネームの「C△7」を付けてC△7 Drop3 Root Positionという名前になります。

ちなみに、「Drop2」「Drop3」などコードトーンの配置が1オクターブを超えるヴォイシング(音の並び)オープンヴォイシングといい、1オクターブ以内に収まっているものはクローズヴォイシングといいます。

クローズヴォイシングだと、コードが進行する過程で音同士が隣り合っているため、個々の音の動きが制限されてしまいなかなか上手く次のコードへ繋がらない時があったりします。コードからコードへきれいに流れる形を作りたい時などに、オープンヴォイシングはとても便利なので、是非使ってみてください。

 

その他の「Drop3 invertion」も紹介しておきましょう。

左の楽譜は「C△7」の「Root Position」です。上から3つ目の「ミ」の音を1オクターブ下にドロップ(落とす)したコードをDrop3 1st invertionといいます。

コードネームも「Drop2」同様、「ミ」の音から積み上げたインバージョンのことを「1st invertion」といい、コードネームはC△7 Drop3 1st invertionとなります。

では次です、

左の楽譜は「C△7 1st invertion」です。上から3つ目の「ソ」の音を1オクターブ下にドロップ(落とす)したコードをC△7 Drop3 2nd invertionといいます。Drop3では「ソ」の音から積んだコードとなるため、「2nd invertion」となります。

 

左の楽譜は「C△7 2nd invertion」です。上から3つ目の「シ」の音を1オクターブ下にドロップ(落とす)したコードをC△7 Drop2 3rd invertionといいます。Drop3では「シ」の音から積んだコードとなるため、「3rd invertion」となります。

 

では次回は、「Drop24」というインバージョンを紹介したいと思います。

ではでは、今日はこの辺で・・・・。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る