EXTENDED DOMINANTS CHORDS


EXTENDED DOMINANTS CHORDS


今日は「EXTENDED DOMINANTS CHORDS」(エクステンディッド・ドミナント・コード)の説明をしていきたいと思います。

まず「EXTENDED」とは「延ばされた」という意味です。タイトルのまま「ドミナントコードが延ばされた」と理解してもらえれば分かりやすいと思います。

EXTENDED DOMINANTS CHORDS」は前回説明したSECONDARY DOMINANTの応用ともいえますので、もしもこちらの理論を知らない方は先にに上記の説明を読んでください。

では「EXTENDED DOMINANTS」について以下の楽譜を見てください。

これは実際に「EXTENDED DOMINANTS」を使用しているコード進行です。

1小節目の「B7」のコードから最後の「C△7」コードの小節までが「EXTENDED DOMINANTS CHORDS」と呼ばれる進行です。

今回はなぜこの様に「ドミナント7thコード」だけで構成されているのかを、分析しながら解説していこうと思います。

まず、「B7」から「C△7」まで「P5th」の進行で動いていることが分かると思います。

(「Extended Dominants」の場合は「V7/Ⅱ」などは表記せずに「solid arrow」のみで表します)

では「G7 → C△7」は「ダイアトニックコード」なのでその前の4小節目の「D7」から説明していきたいと思います。

D7」は「7 / Ⅴ」の「セカンダリドミナント」です、これを元のコードに戻すと「Dm7」となります。

元々のダイアトニックコードで構成された「m7 → Ⅴ7 → Ⅰ△7」の「m7」にセカンダリドミナントの「7 / Ⅴ」をプラスして、7 / Ⅴ → Ⅴ7」の「P5th」の動きを加えます。

そして、最終的に「m7」のコードを省略し「7 / Ⅴ」のコードを使用することでドミナントコードを連続させて使用することが出来るようになる訳です。

この考え方を「E7」(Ⅲm7)のコードから行うことにより、ドミナントコードを延ばして使用することができるということです。

最後に注意事項です。

この「EXTENDED DOMINANTS CHORDS」(エクステンディッド・ドミナント・コード)は必ずダイアトニックの音だけで構成されたドミナントコードのみで使用することが出来ます。

m7 → Ⅴ7」の形が出来ることが条件となるので「」は「m7」のコードではないので「m7」が使われている「Ⅲm7」のコードから「エクステンディッド」させることが出来ます。

以上が「EXTENDED DOMINANTS CHORDS」です、次回はテンションについての説明をしていきたいと思います。

 

関連記事

ピックアップ記事

2020-1-14

ボサノバアレンジ

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る