KEYとメジャースケール


KEYとメジャースケール


本日は、「key」と「スケール」についてお話したいと思います。

まず知っておかなければならないことはKEY(キー)の意味です。

KEYとは、その曲の基準となる音です。

どの音を中心にして他の音を並べているか、とでもいいましょうか。

次にスケールとは音階のことです。

音階とはドレミファソラシドのことです。

ドレミファソラシドという音階のことをメジャースケールと呼ぶのですが、実はみなさんが何気に口ずさんでいるこのメジャースケールにはちゃんとしたルールがあります。

それは音から音への、音の幅(インターバル)がちゃんと決まっているということです。

どういうことかというと、

上に書いた音の幅、1音、1音、半音、1音、1音、1音、半音

この音の幅の通りに、音を並べることがメジャースケールの決まり、ルールとなっているわけです。

みなさんも楽譜を見たことがあると思いますが、楽譜を見るとト音記号、

(英語ではtreble clef(トレブルクレフ)といいます)の横に♯(シャープ)や♭(フラット)の記号がたくさん付いていたりします。

この「♯」や「♭」がしているお仕事が、実はメジャースケールのルールになるようにインターバルを調整しているんですね。

もっと分かりやすくするために例をあげてみましょう。

 

では基準の音を「レ」で考えてみましょう。

基準の音を「レ」で考えるということは、KEYDとして考えるということです。

レの音を基準に音階を並べるとレミファソラシドレです、

このインターバルをみてみると、

インターバルの順番が1音、半音、1音、1音、1音、半音、1音となります。 

メジャースケールのインターバルの決まりは

1音、1音、半音、1音、1音、1音、半音です。

2つを比べるとインターバルの並びが全然違っています。

ここで「♯」や「♭」をつけてインターバルを調整してあげます。

「ファ」と「ド」に「♯」をつけてあげることによって、

インターバルの幅がメジャースケールのルールと同じになりました。

ですので、KEYDの楽譜には、ト音記号の横のファとドの位置に「♯」の記号が書かれているわけです。

KEYCではト音記号の横には♯や♭など何も付いていないのはもともとドレミファソラシド」のインターバルがルールに従っている為です。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る