Keyを判別する簡単な方法


Keyを判別する簡単な方法


いきなりですがまずこれを覚えましょう!「ファドソレラミシ」

そして逆からの「シミラレソドファ」

この2つを覚えてしまえば後は簡単です。

「ファドソレラミシ」これは「♯」が付く順番です。

そして逆からの「シミラレソドファ」「♭」が付く順番です。

KEYの読み方や書き方は次に説明しますので、まず「♯」や「♭」が付く位置をしっかり覚えてください。

楽譜を書くときには「♯」や「♭」記号を付ける位置を間違えないようにしましょう。

 

では次に楽譜を読むときのコツです。

まずこれを覚えてください、

「♯」記号が書かれている楽譜のKeyを判別するときは、

最後に付いている「♯」記号の次の音がその楽譜のKeyになります。

例えば、この楽譜です。

「♯」記号が4つ付いています、そして最後に付いている「♯」記号は「レ」の音に付いています、先ほど覚えてもらったものには、最後に付いている「♯」記号の次の音がその楽譜のKeyになります。

っということなので、最後についているは「レ」の音だから「ドレミファソラシ」でいう次の音の「ミ」=EKeyとなります

めちゃくちゃ簡単でしょ!

 

ではもうひとつやってみましょう。

次はこれです

 

「♯」記号が2つ付いています。そして最後に付いている「♯」記号は「ド」の音に付いています、最後に付いている「♯」記号の次の音がその楽譜のKeyになるので、最後についているは「ド」だから次の音の「レ」=DKeyとなります。

 

そしてもうひとつ、少し間違えやすいもを紹介しておきましょう。

「♯」記号が6つ付いています。そして最後に付いている「♯」記号は「ミ」の音に付いています、最後に付いている「♯」記号の次の音がその楽譜のKeyになるので、最後についているは「ミ」だから次の音の「ファ」=FKeyとなります、というのは間違いです。

楽譜をよく見ると「♯」記号が6つ付いています、既に「ファ」の音には「♯」が付いていますよね、ですので、この「♯」が反映されてkeyF♯となります。このポイントだけ注意してください。

 

次は「♭」記号が書かれている楽譜のKeyを判別するときです。

ではこれを覚えてください、

「♭」記号が書かれている楽譜のKeyを判別するときは、最後に付いている「♭」記号のひとつ前の「♭」記号の音がその楽譜のKeyになります。

ではこちらもやってみましょう。

例えば、この楽譜です。

「♭」記号が3つ付いています、そして最後に付いている「♭」記号は「ラ」の音に付いています

先ほど覚えてもらったものには、最後に付いている「♭」記号のひとつ前の「♭」記号の音がその楽譜のKeyになります。

っということなので、最後についている「♭」は「ラ」だからそのひとつ前の「♭」記号が 付いているのは「ミ」ですのでKeyE♭となります。

ここでも注意!「ミ」の音には既に「♭」記号が付いていますのでこれも反英されて「E♭」となる訳です。

これさえ覚えておけば、Keyの判別は簡単に出来てしまいますので覚えておいてください。

次にKeyを楽譜に書く時ですが、これは読むことの逆をしていけば書けちゃいます。

これに関しては次回説明したいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る