MELODIC MINOR DIATONIC


MELODIC MINOR DIATONIC


まず、前回お話しした「メロディック・マイナー」のダイアトニックの説明をしたいと思います。

「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・#ソ・ラ」だったスケールの「ファ」に「#」を付けて「ラ・シ・ド・レ・ミ・#ファ・#ソ・ラ」に変えることを「メロディック・マイナースケール」とお話ししました。

ということは、ハーモニック・マイナーの「ファ」の音が全て「#ファ」になるということです。

 

Aハーモニック・イナー・ダイアトニック】

Aメロディック・マイナー・ダイアトニック】

下が、「ハーモニック・マイナー」の構成音に「#ファ」の音が入って変化しているコード。

ハーモニックの「」がメロディックになると→「Bm7

ハーモニックの「Dm7」がメロディックになると→「D7

ハーモニックの「F△7」がメロディックになると→「F♯ф

ハーモニックの「G♯dim7」がメロディックになると→「G♯ф

次は「モード」です。

もちろん「モード」も「ファ」の音が全て「#ファ」になります。

「ファ」の音が「#ファ」に変わったことにより、各スケールの音の並び方も変わって、スケール名も変わります。」箇所が「#ファ」に変化した音です

Ionian aug(アイオニアン・オーグ) →「Lydian aug(リディアン・オーグ)

Dorian #4(ドリアン・シャープ・フォー) →「Lydian♭7(リディアン・フラット・セブン)

Phrygian Major(フリジアン・メジャー)→「Mixolydian♭6(ミクソリディアン・フラット・シックス)

Lydian ♯2(リディアン・シャープ・ツー)→「Locrian 2(ロクリアン・ナチュラル・ツー)

7th Mode Harmonic minor(セブンスモード・ハーモニックマイナー)→「Altered Scale(オルタード・スケール)もしくはSuper Locrian(スーパーロクリアン)

Harmonic minor(ハーモニック・マイナー)→ 「Melodic minor(メロディック・マイナー)

Locrian 6(ロクリアン・ナチュラル・シックス)→ 「Dorian ♭2(ドリアン・フラット・ツー)

コードネームからスケールの名前まで変わってくるのでしっかり覚えましょう!

オルタードスケールはジャズなどで頻繁に使用されてるスケールなので覚えておいて損はないですね!

MELODIC MINOR

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る