Major 7th♯5とminor 7th♭5 Chord


Major 7th♯5とminor 7th♭5 Chord


本日は「C△7♯5」「Cm7♭5」です。

今回は今までの考え方と一箇所だけ変わってきますので注意してください。

では「C△7♯5(Cメージャーセブンシャープファイブ)から説明しましょう。ちなみに「C△7aug」は(Cメジャーセブンオーグ)と読みます。

構成音は1,3,♯5,です。

前回同様コードのインターバルの考え方は、基準となるRoot()からどれくらいの間隔で積まれているかを見て判断します。

1から3はM3rdのインターバルなので、ここでメジャーコードであることが決定します。

 

1から♯5はaug5thです、P5thではないのでコード表記が変わります。

この時点でトライアドコードでは「Caug」となります。

次に7thです。

1から7はM7thのインターバルです。トライアドの「Caug」にM7thの「△7」を組み合わせてると「Caug△7」となります。

ここで注意事項です!

5番目の音、いわゆる5thの音がP5th(インターバルがパーフェクト)でない場合は、

コード表記の一番最後に書くことになっています。

ですので、Caug△7」は間違いとなり、正しくは「C△7aug」と表記します。(augと♯5は同じ意味なので「C△7♯5」どちらでも可)

5thが変化した場合は一番後ろにもってくると覚えておきましょう。

 

では次は、「Cm7♭5(Cマイナーセブンフラットファイブ)です。

このコードは、Cハーフディミニッシュ」という読み方もあり、という表記の仕方もとても多いです。因みに音楽経験者はこの「ハーフディミニッシュ」という読み方を使っている方が多いので、こちらもしっかりと覚えておきましょう!

ではコードの説明に。

構成音は1,♭3,♭5,♭7です。

1から♭3はm3rdのインターバルなので、ここでマイナーコードであることが決定します。

1から♭5はdim5thです。ここでマイナーコードではなくディミニッシュコードになりました。

この時点でトライアドコードでは「Cdim」です。

次に7thです。

1から♭7はm7thのインターバルです。

ここで注意事項!

今までの考え方だと、トライアドの「Cdim」にm7thの「7」を組み合わせて作ると「Cdim7」となってしまいます。「Cdim7」は前回説明したコードで違うものになってしまいますので、「C△7aug」同様、変化した5thは一番最後に表記して「Cm7♭5」と書きます。

本日は以上です。

5thが変化したら最後へ」をしっかりと頭に入れておきましょう!

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る