MODES


MODES


MODE(モード)についてお話したいと思います。

いきなりMODE(モード)と言われてもピンと来ない方もおられると思います、MODE(モード)を違う言い方で表すとコードスケールなどと呼ばれることもあります、こちらの言い方のほうがイメージをしやすいかもしれません。ちなみにコードスケールのコードとは前回説明したダイアトニックコードを思い浮かべてもらえると解りやすいと思います

ダイアトニックコードには7つありますね!

Ⅰ△7,Ⅱm7,Ⅲm7,Ⅳ△7,Ⅴ7,Ⅵm7,Ⅶф(Ⅶハーフディミニッシュ)です。

これらのダイアトニックコードのひとつひとつに割り当てられるスケール(音階)が存在する訳です、これをMODE(モード)と呼びます。では具体的にモードとは何かを説明していきましょう!

下の表を見てください。

まず、これらの数字(スケール/音階)の付き方について説明します。

解りやすくKey=Cで説明します

Ⅰ△7横の「モードの音階」の1234567の数字はドレミファソラシを意味しています。

そして次のⅡm71,2,♭3,4,5,6,♭7は「レミファソラシド」なのですが、なぜこのような数字になっているのかというと、

まず「レ」の音を「1」と考えます。(これが大事なポイントです)

そこから次の音までのインターバルを計って数字に置き換えています。

「ドリアン」を例に上げて詳しく説明していきましょう。

では「レ」の音から「ミ」へは1音階です、数字に置き換えると「1」から1音階上がった数字の「2

これを付け加えて【1,2

次は「ミ」から「ファ」ですが、「ミ」から「ファ」は半音階なので、数字に置き換えると「2」から半音階上がった数字の「♭3

これを付け加えて【1,2,♭3

「ファ」から「ソ」へは1音階なので、数字に置き換えると「♭3」から1音階上がった数字の「4

これを付け加えて【1,2,♭3,4

(※ポイント=♭3から1音上がると♭4と考える人がいますがこれは間違いです、ドレミファを数字にすると1234です、ミからファ、数字の3から4は半音階なので、♭3からの1音上は4ということになります)

「ソ」から「ラ」へは1音階なので、数字に置き換えると「4」から1音階上がった数字の「5

これを付け加えて【1,2,♭3,4,5

「ラ」から「シ」へは1音階なので、数字に置き換えると「5」から1音階上がった数字の「6

これを付け加えて【1,2,♭3,4,5,6

「シ」から「ド」へは半音階なので、数字に置き換えると「6」から半音階上がった数字の「♭7

これを付け加えて【1,2,♭3,4,5,6,♭7

という具合に数字を並べている訳です。

そして並んだ【1,2,♭3,4,5,6,♭7】の音階のことをDorian Scale(ドリアン・スケール)と言います。

 

MODE(モード)はこのようにして考えられています。

m7も考え方はまったく同じで「ミ」の音を1と考えて同じ事を繰り返し行い、そして出来た音階が【1,♭2,♭3,4,5,♭6,♭7】となって、この音階のことをPhrygian Scale(フリジアン・スケール)という訳です。

 

これでモードの音階の仕組みは理解できたと思います。

仕組みを理解してしまえば後は各モードを暗記しましょう!

暗記の仕方はMajor(メジャー)系とminor(マイナー)系とdim(ディミニッシュ)系に分けて覚えると覚えやすいです。

まずMajor(メジャー)系」はメジャースケールのアイオニアンの【1,2,3,4,5,6,7】を基準に

リディアンは「#4

ミクソリディアンは「♭7

と変化しているところをだけを覚えると楽に覚えることが出来ます。

Major(メジャー)系】アイオニアン・スケール1,2,3,4,5,6,7

            リディアン・スケール1,2,3,♯4,5,6,7

                                         ミクソリディアン・スケール=【1,2,3,4,5,6,♭7

 

minor(マイナー)系も同じ要領で、マイナースケールのエオリアンの【1,2,♭3,4,5,♭6,♭7】を基準に

フリジアンは「♭2

ドリアンは「♮6

と覚えます。

minor(マイナー)系】ドリアン・スケール1,2,♭3,4,5,6,♭7

            フリジアン・スケール1,♭2,♭3,4,5,♭6,♭7

                                          エオリアン・スケール1,2,♭3,4,5,♭6,♭7

 

最後のdim(ディミニッシュ)系は基準の1と4」以外すべて「♭」と覚えれば覚えやすいと思います。

dim(ディミニッシュ)系】ロクリアン・スケール【1,♭2,♭3,4,♭5,♭6,♭7

 

このように数字で理解しておくことが実はとても大切です!

モードについての説明の仕方はいろいろあります。例えばドリアンスケールを「レから始まる音階」と説明する方もおられます。これは別に間違った説明ではありません、正しいですし解りやすいことも確かです。

ですが、「レから始まる音階」というように理解していまうと、なかなか実践でこのモードを上手く使用することが出来なくなってしまう方が多いです。

モードを理解し上手く使用する為には、必ず各スケールの名前と数字を覚えてください!

モードの使い方については後々作曲の方でお話していきたいと思います、少し先になるかもしれんせんが、そちらを参考にしてください。

 

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

アーカイブ

ページ上部へ戻る