RELATED Ⅱm7 CHORDS


RELATED Ⅱm7 CHORDS


本日は、「Related Ⅱm7 Chord」(リレイティッド・トゥーマイナー・コード)というお話をしたいと思います。

初めに、皆さんは「トゥーファイブ」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

音楽初心者の方はあまり聞いたことがないかもしれませんが、楽器の演奏や作曲をされているような経験者の方は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回の「リレイティッド・トゥー・マイナー」という理論は、先ほどの上げた音楽経験者ならよく耳にする「トゥーファイブ」のお話です。

因みに「リレイティッド」とは「近親の」というような意味となります。

ではまず、下のコード進行を見てください。

KeyCの場合

このコード進行を「トゥーファイブワン」といいます。

ローマ数字で表記したコード進行「m7→ Ⅴ7 → Ⅰ△7」の数字の箇所だけを取って「トゥー・ファイブ・ワン」といいます。

このコード進行は実はとても特徴的な音の動きをしています。

「Ⅴ7→ Ⅰ△7」という動きはPRIMARY DOMINANTでも説明したように強い動きの進行です。次にその前のコード進行の「m7→ Ⅴ7 」も実は特徴的な働きを持っています。

それは「m7→ Ⅴ7 」も「P5th」の動きになっているということです。

7→ Ⅰ△7」は「Ⅰ△7」の「P5th」上の「7」ですよね、

同じく「m7→ Ⅴ7」も「7」の「P5th」上の「m7」です、

ターゲットコードへの進行が「P5th」で動いているので、この「トゥー・ファイブ・ワン」というコード進行はとても特徴的な働きを持ったコード進行となる訳です。

そして以前に「ファイブワン」の「P5th」のコード進行があるときは「ソリッドアロウ」という表記をして「7→ Ⅰ△7」を表すと説明しました。

今回の「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」も「P5th」のコード進行なので同じように表記する記号があり、それを「ソリッドブラケット」といいます。

Solid Bracket」(ソリッドブラケット)

 

 

「トゥーファイブワン」の楽譜表記の仕方

 

「トゥーファイブ」の動きは特徴的だということは理解してもらえたと思います。では、この特徴的な「トゥーファイブ」の進行を取り入れる方法ですが、「トゥーファイブ」を使う条件はターゲットコードが「Ⅴ7」だということを覚えておきましょう!

通常ですと「Ⅴ7」のコードはダイアトニックコードではひとつしかないですよね、

KeyCの場合ですと「G7」のみです。

ですが前回やった理論の「セカンダリ・ドミナント」も「7 / Ⅱ」など名前は変わっていますがコードは「ドミナント7th」コードです、ですのでこの「セカンダリ・ドミナント」をターゲットにすれば「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」を付けて「トゥーファイブ」もしくは「トゥー・ファイブ・ワン」というコード進行を作ることが可能です。

例えば、KeyCで「Ⅱm7」の「Dm7」をターゲットに「セカンダリ・ドミナント」を使ってA7→Dm7というコード進行を作ったとしましょう。

この「A7」のコードの前に「P5th」上の「Ⅲm7」の「Em7」を付けると「Em7→A7」となり「トゥーファイブ」のコード進行を作れるということです。

では以下に、その他の「セカンダリ・ドミナント」への「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」を使った進行を挙げてみましょう!


B7」をターゲットにした「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」

B7」をターゲットとしている為、「B」の「P5th」上のコードは「F#」となります。

ダイアトニック・コードにある「F」のコードは「P5th」ではなくインターバルが「dim5th」となる為インターバルが「P5th」となる「F#」にし、「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」なので「m7」のコードに変えて「F#m7」にして使用します。

 

B7」をターゲットにした「トゥー・ファイブ・ワン」

 


 

C7」をターゲットにした「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」

C7」をターゲットとしている為、「C」の「P5th」上のコードは「G7」となります。

G7」を「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」に置き換えて「Gm7」に変換し使用します。

 

C7」をターゲットにした「トゥー・ファイブ・ワン」

 


 

D7」をターゲットにした「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」

D7」をターゲットとしている為、「D」の「P5th」上のコードは「Am7」となります。

Am7」は元々のダイアトニックコードが「m7」なのでそのまま使用することができます。

 

D7」をターゲットにした「トゥー・ファイブ・ワン」

 


 

E7」をターゲットにした「リレイティッド・トゥーマイナー・コード」

E7」をターゲットとしている為、「E」の「P5th」上のコードは「」となります。

この「」の場合だけはマイナーコードに変換せずにそのまま「ハーフディミニッシュ・コード」として使用します。

これはマイナーキーにおける「トゥー・ファイブ・ワン」の形で「ハーモニック・マイナー」の考え方とほぼ同じ進行になるので、

コードを変換せずそのまま使用しましょう。

 

E7」をターゲットにした「トゥー・ファイブ・ワン」

 


以上が「Related Ⅱm7 Chord」という理論になります。

次回は「Related Ⅱm7 Chord」の中の「Dual Function」という理論の説明をしたいと思います。

今後もう少し音楽理論の記事が進んでいけば、作曲・編曲の方でこれまで説明した理論の使い方や考え方などを説明していこうと思っていますので、そちらの方も楽しみにしていただければと思います。

ではでは、本日はこの辺で・・・。

 

関連記事

ピックアップ記事

2020-1-14

ボサノバアレンジ

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る