SECONDARY DOMINANT SCALE


SECONDARY DOMINANT SCALE


本日は「SECONDARY DOMINANT」におけるスケールの説明をしたいと思います。

前回のテンションの説明の時に、SECONDARY DOMINANT」も「Dominant7th Chord」(ドミナント7thコード)なので、基本的にはテンションも「9th」と「13th」を使用します。

と説明しました。

今回のスケールに関しても同じ考え方で、SECONDARY DOMINANT」も「Dominant7th Chord」(ドミナント7thコード)なので、基本的にはスケールも「Mixolydian」(ミクソリディアン)を使用します。ですが、こちらも前回と同様に「Ⅰ△7」や「Ⅱm7」「Ⅲm7」「Ⅵm7」「Ⅶф」を「ドミナント7thコード」に変更するので、ミクソリディアンスケールの「123456・♭7」も状況に応じて「2nd」や「6th」の音が「♭2nd」や「♭6th」に変わってきます。

実際にKey = Cを例に上げてひとつずつスケールを割り出していきましょう!

因みにKey = Cでは、通常のダイアトニックは「Ⅴ7」で、

MODE」(モード)は「123456・♭7」の「G Mixolydian Scale」(G ミクソリディアン・スケール)になります。

 

ではここから「SECONDARY DOMINANT」です。

まずは「Ⅴ7 / Ⅱ」からやっていきましょう!

「Ⅴ7 / Ⅱ」の「A7」ではテンションが 「9th」と「♭13th」でした。

この 「9th」と「♭13th」の音を「ミクソリディアンスケール」の「2」と「6」の箇所の音と入れ替えて「セカンダリ・ドミナント」で使用できるスケールに変更していきます。

9th」と「♭13th」をオクターブ下げると「2nd」と「♭6th」となります、通常のミクソリディアンスケールは「123456・♭7」なので、「2」の音はそのまま使用し「6」の音が「♭6th」となっているので「6」と「♭6th」を入れ替えて「12345・♭6・♭7」というスケールに変更します。

この「12345・♭6・♭7」というスケールが「Ⅴ7 / Ⅱ」で使用できるスケールとなります。

スケールの名前は「A Mixolydian ♭6」(ミクソリディアン・フラットシックス)といいます。因みにこの「Mixolydian ♭6」は以前説明した「MELODIC MINOR」の「MODE」でも出てきています。

ではこの感じで、「Ⅴ7 / Ⅲ」をやってみましょう!

「Ⅴ7 / Ⅲ」の「B7」のテンションは「♭9th」と「♭13th」でした。

この「♭9th」と「♭13th」をオクターブ下げると「♭2nd」と「♭6th」となるので、これも同じように「ミクソリディアンスケール」の「2」と「6」の箇所の音と入れ替えて「セカンダリ・ドミナント」で使用できるスケールに変更すると、「1・♭2345・♭6・♭7」となります。

この「1・♭2345・♭6・♭7」というスケールが「Ⅴ7 / Ⅲ」で使用できるスケールとなります。

このスケールを「B Phrygian Major」(フリジアンメジャー)といい、HARMONIC MINOR」の「MODE」の時にも同じスケールが出てきています。

 

次は「Ⅴ7 / Ⅳ」です。

「Ⅴ7 / Ⅳ」の「C7」のテンションは「9th」と「13th」でした。

この「9th」と「13th」をオクターブ下げると「2nd」と「6th」となります。「ミクソリディアンスケール」は「123456・♭7」なので「2」と「6」の音はそのまま使用することができるので

そのまま「123456・♭7」の「Mixolydian」が「Ⅴ7 / Ⅳ」で使用できるスケールとなります。

呼び方もそのまま「C Mixolydian」(ミクソリディアン)です。

 

次は「Ⅴ7 / Ⅴ」です。

「Ⅴ7 / Ⅴ」の「D7」のテンションは「9th」と「13th」です。

この「9th」と「13th」をオクターブ下げると「2nd」と「6th」となります。「Ⅴ7 / Ⅳ」と同様に「2」と「6」の音はそのまま使用することができるので「123456・♭7」となり、

123456・♭7」の「Mixolydian」が「Ⅴ7 / Ⅴ」で使用できるスケールとなります。

呼び方も同じく「D Mixolydian」(ミクソリディアン)です。

 

次は「Ⅴ7 / Ⅵ」です。

「Ⅴ7 / Ⅵ 」の「E7」のテンションは「♭9th」と「♭13th」でした。

この「♭9th」と「♭13th」をオクターブ下げると「♭2nd」と「♭6th」となるので、「ミクソリディアンスケール」の「2」と「6」の箇所の音と入れ替えて変更すると、「1・♭2345・♭6・♭7」となり、

この「1・♭2345・♭6・♭7」というスケールが「Ⅴ7 / Ⅵ」で使用できるスケールとなります。

このスケールを「E Phrygian Major」(フリジアンメジャー)といい、HARMONIC MINOR」の「MODE」の時にも同じスケールが出てきています。

 

以上が「SECONDARY DOMINANT」で使用できるスケールとなります。

複雑そうにみえますが使用しているスケールの種類は3つで「ミクソリディアン」と「ミクソリディアン・♭6」の「メロディック・マイナー」からきているスケールと「フリジアンメジャー」の「ハーモニック・マイナー」からきているスケールとなります。

79, 13)= Mixolydian

7 / Ⅱ 9,♭13)= Mixolydian♭6

7 / Ⅲ (♭9,♭13)= Phrygian Major

7 / Ⅳ9, 13)= Mixolydian

7 / Ⅴ 9, 13)= Mixolydian

7 / Ⅵ(♭9,♭13)= Phrygian Major

「セカンダリドミナント」は様々なジャンルや曲中で使用されているので、ネタのひとつとして持っておくと音楽の幅が広がると思います。

では本日はこの辺で・・・。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る