SECONDARY DOMINANT TENSION


SECONDARY DOMINANT TENSION


本日は「SECONDARY DOMINANT」で使用できる「TENSION」についてお話したいと思います。

まず「Available Tension」(アヴェイラブルテンション)を思い出してください。

Dominant7th Chord」(ドミナント7thコード)のテンションは「9th」と「13th」です。

例えばKey = Cの場合「Ⅴ7」の「G7」におけるテンションは「9th」と「13th」です。

SECONDARY DOMINANT」も「Dominant7th Chord」(ドミナント7thコード)なので、基本的にはテンションも「9th」と「13th」を使用します。

ですが、「Ⅰ△7」や「Ⅱm7」「Ⅲm7」「Ⅵm7」「Ⅶф」を「ドミナント7thコード」に変更するので、状況に応じてテンションの「9th」や「13th」が「♭9th」や「♭13th」に変わってきます。(※Ⅳ△7はトライトーンとなる為使用不可)

では実際にKey = Cを例に上げてひとつずつテンションを割り出していきましょう!

では、「Ⅱm7」(Dm7)をターゲットにしたセカンダリ・ドミナントの場合です。

「セカンダリ・ドミナント」へ変更する前は「Am7」(Ⅵm7)→「Dm7」(Ⅱm7)です。

Am7」の(Ⅵm7)を「A7」に変更して「Ⅴ7 / Ⅱ」という「セカンダリ・ドミナント」にしているわけですね。

ここで着目するのが変更前の「Am7」です。

この「Am7」のダイアトニックテンションの「9th」と「13th」が「セカンダリ・ドミナント」のテンションに反映される訳です。

Am7」(Ⅵm7)のモードはエオリアンスケールです。

エオリアンスケールは「12・♭345・♭6・♭7」です、このエオリアンスケールから「2nd」を抜き出してテンションにすると「9th」、6th」を抜き出してテンションにすると「♭13th」になります。

この「9th」と「♭13th」が「Ⅴ7 / Ⅱ」という「セカンダリ・ドミナント」のテンションとなるわけです。

 

次も同じ考え方で、「Ⅲm7」(Em7)をターゲットにしたセカンダリ・ドミナントの場合をやってみましょう。

「セカンダリ・ドミナント」へ変更する前は「」(Ⅶф)→「Em7」(Ⅲm7)です。

」の(Ⅶф)を「B7」に変更して「Ⅴ7 / Ⅲ」という「セカンダリ・ドミナント」へ変更。

」(Ⅶф)のモードはロクリアンスケールの「1・♭2・♭34・♭5・♭6・♭7

この「♭2nd」と「♭6th」をテンションにすると「♭9th」と「♭13th」となり、「♭9th」と「♭13th」が「Ⅴ7 / Ⅲ」のテンションとなります。

この感じで続々といきましょう!

 

次は「Ⅳ△7」(F△7)をターゲットにしたセカンダリ・ドミナントの場合です。

「セカンダリ・ドミナント」へ変更する前は「C△7」(Ⅰ△7)→「F△7」(Ⅳ△7)です。

C△7」の(Ⅰ△7)を「C7」に変更して「Ⅴ7 / Ⅳ」という「セカンダリ・ドミナント」へ変更。

C△7」(Ⅰ△7)のモードはアイオニアンスケールの「1234567

この「2nd」と「6th」をテンションにすると「9th」と「13th」となり、9th」と「13th」が「Ⅴ7 / Ⅳ」のテンションとなります。

 

「Ⅴ7」(G7)をターゲットにしたセカンダリ・ドミナントの場合です。

「セカンダリ・ドミナント」へ変更する前は「Dm7」(Ⅱm7)→「G7」(Ⅴ7)です。

Dm7」の(Ⅱm7)を「D7」に変更して「Ⅴ7 / Ⅴ」という「セカンダリ・ドミナント」へ変更。

Dm7」(Ⅱm7)のモードはドリアンスケールの「12・♭3456・♭7

この「2nd」と「6th」をテンションにすると「9th」と「13th」となり、9th」と「13th」が「Ⅴ7 / Ⅴ」のテンションとなります。

 

「Ⅵm7」(Am7)をターゲットにしたセカンダリ・ドミナントの場合です。

「セカンダリ・ドミナント」へ変更する前は「Em7」(Ⅲm7)→「Am7」(Ⅵm7)です。

Em7」の(Ⅲm7)を「E7」に変更して「Ⅴ7 / Ⅵ」という「セカンダリ・ドミナント」へ変更。

Em7」(Ⅲm7)のモードはフリジアンスケールの「1・♭2・♭345・♭6・♭7

この「♭2nd」と「♭6th」をテンションにすると「♭9th」と「♭13th」となり、「♭9th」と「♭13th」が「Ⅴ7 / Ⅵ」のテンションとなります。

 

上記のテンションをまとめると。

7 / Ⅱ 9th)(♭13th

7 / Ⅲ (♭9th)(♭13th

7 / Ⅳ 9th)(13th

7 / Ⅴ 9th)(13th

7 / Ⅵ (♭9th)(♭13th

以上が、「セカンダリ・ドミナント」で使用できるテンションとなります。

少し難しく感じるかも知れませんが、テンションだけ丸暗記するかメモを取っておくだけでもいいと思います。

忘れてしまった時はまたこのサイトにでも来てください(笑)

ではでは、本日はこの辺で・・・

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る