SECONDARY DOMINANT


SECONDARY DOMINANT


本日は「SECONDARY DOMINANT」についてお話したいと思います。

まず「SECONDARY」とは「第2の」や「2番目の」という意味です。

前回お話したPRIMARY DOMINANT「強く動こうとする働き」を他のコード進行でも使えるようにしようというのが「SECONDARY DOMINANT」です。

 

「他のコード進行」とはどういう意味なのかを説明すると、「PRIMARY DOMINANT」では「Ⅴ7 → Ⅰ△7」(G7 → C△7)のコード進行でした。

これは「Ⅰ△7」をターゲットにしたコード進行ですが、これを「Ⅰ△7」以外の「ダイアトニックコード」の「Ⅱm7」「Ⅲm7」「Ⅳ△7」「Ⅴ7」「Ⅵm7」「Ⅶф」をターゲットにしてコード進行を作ることを指します。

では実際に「Ⅱm7」(Dm7)をターゲットにして「SECONDARY DOMINANT」を作ってみましょう!

まず「Ⅱm7」(Dm7)の「P5th」上のダイアトニックコードは「Ⅵm7」(Am7)ですね、この「Ⅵm7」(Am7)を「Ⅱm7」(Dm7)の前に持ってくると「Ⅵm7 → Ⅱm7」(Am7 → Dm7)となります。

「Ⅴ7 → Ⅰ△7」(G7 → C△7)と同じインターバル「P5thの動きになります。

ここから「DOMINANT」の特性を得る為に「Ⅵm7」(Am7)を「Ⅵ7」(A7)という「ドミナントコード」に変更してあげます。

この様にすることで「PRIMARY DOMINANT」と同じ「強い音の動き」を「Ⅱm7」(Dm7)のコードでも得ることができました。

これを「SECONDARY DOMINANT」という訳です。

そしてもう一つ押さえておきたいことがあります。

それは呼び方です。ダイアトニックコードもローマ数字で覚えていますよね、「 Ⅰ△7」「Ⅱm7」「Ⅲm7」のように、実は「SECONDARY DOMINANT」もローマ数字で表記します。

例えば、上の説明では「Ⅵ7」(A7)と記載しましたが、正式な表記の仕方は「Ⅴ7 / Ⅱ」と表記し、「ファイブセブン・オブ・ツー」と読みます。

覚え方は「Ⅱ」の為に「Ⅴ7」へ変更したと覚えると解りやすいと思います。

では、その他の「SECONDARY DOMINANT」を見てみましょう。

以上が「SECONDARY DOMINANT」となりますが、最後の「F7 → ф」の動きは「f」から「b」のインターバルが「P5th」ではなく「トライトーン」(#4)となる為、SECONDARY DOMINANT」として使用することはできないので注意してください。

次回は「SECONDARY DOMINANT」におけるテンションのお話をしたいと思います。

本日はこの辺で・・・。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る