Three Chord & Leading Tone


スリーコードとリーディングトーン


今日はダイアトニックコードの動きや特徴について説明しながら、それに併せていくつかコード進行を紹介していきたいと思います。

まず前回のダイアトニックコードを思い出してください、

3和音=Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶdim

4和音=Ⅰ△7、Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅳ△7、Ⅴ7、Ⅵm7、Ⅶф

ダイアトニックコードは音階と同じで7つあります。

これら7つのコードにはひとつずつちゃんとした特長があるのを知っていますか?

コード(和音)を説明したときに、音にはひとつずつお仕事がありますっていうお話をしたと思います。

1」は基準となる音、「3」のポジションはそのコードの明るさや暗さを表し、「5」のポジションは「1」の音を後ろから押し出すようなサポートを担当。

という感じで、もちろんダイアトニックコードになっても役割はちゃんとあるんです。

そこでコード進行の本などを見るとこんな言葉をよく目にすると思います。

まずはスリーコードから始めましょう!

スリーコードとはトニック、サブドミナント、ドミナントの3種の主要和音のことで、一見複雑なコード進行も、ほとんどがこれらスリーコードによるコード進行が基礎になったものです。

「Ⅰ」or「Ⅰ△7」をTonic(トニック)

「Ⅳ」or「Ⅳ△7」をSub Dominant(サブドミナント

「Ⅴ」or「Ⅴ7」をDominant(ドミナント)

では、なぜこの3つのコードがピックアップされているのかということですよね、

Tonic(トニック)とは「主音」という意味です。そのまま「主」と理解してもいいですし、「基準」と考えてもいいと思います。

次にDominant(ドミナント)です、Dominantは「最も有力な、優勢な」という意味です。ですので、ダイアトニックコードの中で、主音(Tonic/トニック)に対して最も有力な存在なのがDominant(ドミナント)の「Ⅴ」or「Ⅴ7」ということです。

Sub Dominant(サブドミナント)はサブが付いていますので、ダイアトニックコードの中で「ドミナント」の次に「有力な存在」と思っていただければいいと思います。

 

ではなぜ、Dominant(ドミナント)が、主音(Tonic/トニック)に対して最も有力な存在なのかを理論的に説明したいと思います。

まず「ドレミファソラシ」という音階を演奏してみてください、音がとれる方は歌ってみても大丈夫です。

ドレミファソラシと演奏した場合「シ」の音で演奏を止めると、なんか物足りない感じがしませんか?「ド」まで行かせてよ!みたいな感じにならないでしょうか?

実はこれがポイントとなります、「シ」の音から「ド」の音へは半音階です、半音階というのは「Leading tone」(リーディングトーン)といって、次の音へ進もうとする力を持っているんです。だから、「シ」の音で演奏を止めてしまうと、なんか気持ちが悪い!「ド」まで行かせて!となるんです。この要素が「Ⅴ7→ Ⅰ」の音の動きにとても関わっているんです!

下の楽譜を見てください。

「G7→ C」というコード進行の構成音を見てみると、「シ」から「ド」へ、「ファ」から「ミ」への2つの半音階の動きが存在します。これはLeading toneという、次の音へ進もうとする力を持っている音が2つも関わってきているので、「G7 → C」が一番スムーズな和音の動きになるんです。

実際に側に楽器がある方は音を出して確かめてみてください。

m7→Ⅰ   Key=Cの場合(Dm7→C

m7→Ⅰ         Em7→C

Ⅳ△7→Ⅰ         F△7→C

7→Ⅰ          G7→C

m7→Ⅰ          Am7→C

Ⅶ→Ⅰ          Bф→C

やはり、一番スムーズなコード進行は「Ⅴ7 → Ⅰ」(G7→C)の動きになると思います。

Dominantの意味通り、トニックに対して「最も有力な、優勢な」存在ということです。これで理論と聴感の両方で理解できたと思います。

ちなみに「ソ」と「ド」はインターバルも「パーフェクト」の関係です。

そしてその次にスムーズに繋がる音とされるのがサブの付いているSub Dominant、こちらも「ド」に対して「パーフェクト」の関係性ですよね、ですので、Tonicに対して有力な存在のDominantSub Dominantの3つのコードをスリーコード(主要三和音)というんですね。

少々説明が長すぎたでしょうか・・・(笑)

 

ではでは、このスリーコードを使っている楽曲をいくつかみてみましょう!

TWIST AND SHOUT (ツイスト・アンド・シャウト) / ビートルズ

Key=D

D     G   A7               D       G   A7

|——————-|——————-|——————-|——————-|

このコード進行がずっと続きます。スリーコードを上手く使ったR&Bのコールアンドレスポンスが印象的な曲ですね。

 

日曜日よりの使者/ザ・ハイロウズ

Key=C

intro

 C       C       F      C

|——————-|——————-|——————-|——————-|

 C       C       G      C

|——————-|——————-|——————-|——————-|

chorus

C       C       F      G

|——————-|——————-|——————-|——————-|

C       C       F  G    C

|——————-|——————-|——————-|——————-|

C       C       F       G

|——————-|——————-|——————-|——————-|

C       C       F  G     C

|——————-|——————-|——————-|——————-|

こんな感じで、スリーコードだけでも良い曲は書けるんですね!

それでは、次回は3コード以外のダイアトニックコードの使い方についてお話したいと思います。

本日はこの辺で、お疲れ様でした。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る