Triad Chord Invertion


Triad Chord Invertion


本日は、コードのインバージョンについて説明していきたいと思います。

コードのインバージョンとは、転回されたコードということです。

もっと砕いて言うと、和音の並んでいる順番を変えた形とでもいいましょうか。

まずは3和音のTriad(トライアド)からみていきましょう。

 

これはルート音から積み重ねたCのコードですのでルートポジションといいます、

これに関しては説明はいりませんね。

 

では次からがインバージョン

 

これは「ミ」の音、コードの3rdの音が一番下にきている形で、「ド」の音は1オクターブ上に移動しています、「ド」の音が1オクターブ上に転回したということで、これを1st invertion(ファーストインバージョン)といいます。

 

次は、「ソ」の音、コードの5thの音が一番下にきている形で、「ド」と「ミ」の音が1オクターブ上に転回しています。

これを2nd invertion(セカンドインバージョン)といいます。

覚え方は、Chord tone(コードトーン)の1,3,5の音をどの音を基準に積み重ねているかということで、

 

1から積み重ねた場合をRoot position(ルートポジション)

 

3から積み重ねた場合を1st invertion(ファーストインバージョン

 

5から積み重ねた場合を2nd invertion(セカンドインバージョン)

もちろん1オクターブ下に転回することもあります、

 

下のAmコードの楽譜を見てもらえば分かると思いますが、1オクターブ下に転回したとしても、

 

stの「ラ」から積み重ねた場合はRoot position(ルートポジション)

rdの「ド」から積み重ねた場合は1st invertion(ファーストインバージョン)

thの「ミ」から積み重ねた場合は2nd invertion(セカンドインバージョン)

となり、必ずどの音が基準になって積み重ねているかで呼び方は決まります。

これはsus Chordも同じです。

sus2 Chord

sus4 Chord

1,3,5」の音が「1,2,5(sus2)もしくは「1,4,5(sus4)になっただけで、

1から積み重ねた場合はRoot position(ルートポジション)

sus2Chordの2もしくはsus4Chordの4から積み重ねた場合は1st invertion(ファーストインバージョン)

5から積み重ねた場合は2nd invertion(セカンドインバージョン)となります。

インバージョンすると音の響きに関しても聞こえ方が少し変わってきます。特にsus Chordに関してはインバージョンするとsus2sus4fourth Voicingという、ブラスセクションなんかでよく使われる、4度づつ積み上げてコードを作る理論になってきます。

ちなみにヴォイシングとは音の並べ方のことなのですが、今後もう少し理論が進んでからにしましょう!

インバージョンについては理解してもらえたでしょうか?

次回は7thのインバージョンについて説明したいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

2019-7-19

気になる音符の読み方について

おすすめ!音楽理論

アーカイブ

ページ上部へ戻る